ダイアモンドの豆知識💎〜ダイアモンドとは〜

ダイアモンド(英語: diamond [ˈdaɪəmənd])は、炭素 (C) の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。日本語で金剛石(こんごうせき)ともいう。ダイヤとも略される。結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。宝石や研磨材として利用されている。ダイアモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。

ダイアモンド diamond
ダイヤモンド
分類 元素鉱物
化学式 C
結晶系 等軸晶系
へき開 4方向に完全
モース硬度 10
光沢 金剛光沢
色 無色から黒色まで様々
条痕 白色
比重 3.52 (± .01)
蛍光 紫外線蛍光検査において長波紫外線 (365 nm) では不活性の無色から強くやや黄色を帯びるまで様々、典型的には青色。短波紫外線 (253.6 nm) では蛍光はより弱い。
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
テンプレートを表示
地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイアモンドは定まった形で産出されず、また、角ばっているわけではないが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、記号(◇)を指してダイアモンドとも言われている。

ダイアモンドという名前は、ギリシア語の αδάμας(adámas 征服し得ない、屈しない)に由来する。イタリア語・スペイン語・ポルトガル語では diamánte(ディアマンテ)、フランス語では diamant(ディアマン)、ポーランド語では diáment(ディヤメント)、漢語表現では金剛石という。ロシア語では диама́нт(ヂヤマント)というよりは алма́з(アルマース)という方が普通であるが、これは特に磨かれていないダイアモンド原石のことを指す場合がある。磨かれたものについては бриллиа́нт(ブリリヤント)で総称されるのが普通。4月の誕生石である。石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」など。